ビルを省エネ化することでコストダウンが可能になる

意外に効果的なコスト削減

ビル

仕事に影響しない節約方法

企業にとってコスト削減は純利益を確保するためにも重要です。色々なコスト削減の仕方がありますが、意外と効果的なのが自社ビルの省エネ対策です。コスト削減には経費節約とか人員削減などの方法がありますが、自社ビルの省エネ対策は従業員に直接影響しないというメリットがあります。例えば経費節減をすると、それによって仕事がやりづらくなったりします。人員削減をすると有能な人材を手放すことにつながります。しかし自社ビルの省エネは日常的に少し工夫するだけで達成できるのです。例えば自動販売機ですが、夜間は誰もいなくなるので停止するだけで電気使用量を減らすことができます。冷暖房を適正温度にするだけでもかなりの省エネ効果が得られます。これらを気をつけるだけでいいので、仕事に影響が出ないのが最大のメリットです。

工夫による光熱水費の削減

自社ビルの省エネ対策には使い方による節約と、運用による節約があります。使い方による節約は使っていない部屋の明かりを消すとか、残業の時の照明は一部に限るなどです。運用による節約というのはボイラーや燃焼機器の設定を調整したり、冷房する時には外気を利用するなどです。効果的に省エネをするにはこの2つの方法を上手に取り入れることが大切です。その他にもすぐに効果が出る方法もあります。実際に使用している例では、洗面所の水道に節水コマや節水器具を装着して水の使用量を減らしているビルもあります。また女子トイレに擬音装置を導入して、水洗の使用量を抑えることも行われています。このように身近な生活の中から省エネを心がけるだけで、かなりのコスト削減が実現できます。

婦人

電力自由化

多くの企業が電力自由化に参入しています。PPSについては、様子見という企業や消費者もわずかにいる一方で積極的に利用しようとする企業や消費者が多く存在します。業者によっては省エネなどのメリットも存在するのです。

ヘルメットを持つ人

ワークライトの用途と種類

夜間工事など暗い場所での野外作業には危険を伴うため、ワークライトとも呼ばれる作業灯の使用が必須です。作業灯には投光器や携帯型など多くの種類がありますが、いずれも家庭用と比べて高い性能が求められます。工事現場など広範囲を照らす目的には投光器が、狭い場所や電源の取れない場所での使用には携帯型が最適です。

女性

無駄なコストを減らす効果

多くの企業がコスト削減を行っています。企業の純利益を上げる効果があるだけでなく、全社で取り組むことによって従業員のやる気を出させることができます。削減によって得られた利益をボーナスに還元するなどの工夫をすると、従業員のモチベーションを高めることができます。