ビルを省エネ化することでコストダウンが可能になる

  1. ホーム
  2. 電力自由化

電力自由化

婦人

恩恵が少ない

PPSは電力自由化によって販売を開始しています。新規参入している会社は電力関係会社以外にも多数あるのです。しかし想定よりその効果は大きくないのです。その理由は、電力はインフラ面であるため、安心感を買っている人が多いことなのです。さらに、割引にあまりメリットがないのも理由になっています。今後ガスの自由化なども始まります。インフラ関係が様々な会社から購入することができるようになると一般的になることも想定されていますが、今現在ではメリット感が少ないのも事実なのです。セット販売なども商品化されていますが、家族人数や環境などによってメリットが複雑になっているため、考えることすら面倒であるケースも多くなっているのです。また、企業にとってもこの制度の見極めは大事になってきます。業者によっては電気代を抑えることができるため、コスト削減に繋がります。

メリット

PPSとは、電力自由化によって取引される新電力の事を意味しています。今まで電力は、電力会社が販売する専売でした。しかし電力自由化に伴い、電力事業に新規参入することができるようになったのです。PPSを利用することは、消費者にとってもコスト削減などのメリットがあるため、競争力が高まることを想定しています。PPSにはさまざまな会社が新規参入しています。自社に電力を発電する設備を持っている会社はもちろんの事、電力を発電していない会社も参入しているのです。仲介役として安く電力を仕入れ、利益をのせて販売することができるのです。電力を安くすることだけでなく自社の商品とのセット販売などを行う事によって顧客へのメリット提示を行う事もできるのです。企業がこの制度を活用する利点も安さにあります。また、業者によっては省エネの提案をしてくれることもあります。そういった制度を利用すると、企業全体のコストカットを実現することができるでしょう。