ビルを省エネ化することでコストダウンが可能になる

  1. ホーム
  2. ワークライトの用途と種類

ワークライトの用途と種類

ヘルメットを持つ人

暗い場所での作業に必須

夜間の工事や光の届かない暗い場所での作業には危険が伴うため、何らかの照明器具を使って作業箇所を明るく照らす必要が出てきます。そのような目的で使用される照明器具はワークライトまたは作業灯と総称されており、工事業者や屋外作業を実施する職種には必須の道具となっています。暗い場所での作業を安全に遂行するために欠かせない作業灯にも、電源や形状・性能などの点で多くの種類があります。それぞれの作業場面ごとに多彩な種類の作業灯が使い分けられており、バッテリー式の製品を使用することで電源を引くことのできない場所での作業も可能です。このような作業灯は一般的な家庭用・オフィス用照明器具と比べて柔軟な使用が求められるため、機能も独自に進化を遂げています。用途によっては広範囲を明るく照らす目的で極めて高い光量を持つ製品もあって、使用の際に高熱を発する例も少なくありません。固定式の作業灯では全般に光量が求められますが、作業環境によっては携帯に便利な形状や持ち運び可能な利便性が重視されるものです。照射角度が自由に変更できるタイプの製品や、防水・防塵性能など家庭用・オフィス用にはない独自機能を持つ製品も多くあります。

用途別の種類と性能

作業灯の中でも投光器と呼ばれる製品は強い光を発して広範囲を照らすことが可能なため、夜間の工事現場で多く使用されています。投光器を使えば夜間でも日中と同じような作業環境が実現できるため、作業員の安全性を確保するためにも欠かせない道具となっています。携帯に便利な携帯型やヘッドライト型のワークライトは、電気工事や設備修理・保守点検といった幅広い用途に使われています。電工ドラムや発電機から電源を取る投光器と比べ、バッテリー駆動式の携帯型ワークライトは電源の制約を受けません。広範囲を照らすような目的には適しませんが、どのような狭い場所でも使用できる点に携帯型ワークライトの利便性が見られるのです。このタイプの製品は夜間作業や暗所作業だけでなく、夜間警備のような目的でも多く利用されています。同じバッテリー式では他にもランタン型やトーチ型といった形状のワークライトが存在します。コードレスタイプの作業灯はバッテリーのランニングコストも問題となりますが、最近は電力消費の少ない高輝度LEDが主流です。高機能の作業灯は作業の安全性を高めるため、事故から作業員の命を守ることにも重要な役割を果たしているのです。